景気対策3段ロケット、いよいよ始動!平成21年度予算 本日成立!

 木村太郎です。

 またしても、政策よりも政局を優先する民主党などの野党が多数を占める参議院では否決されましたが、憲法の定める衆議院の議決優先の規定により成立。関連法案は、衆議院で3分の2以上の賛成で再可決、成立しました。

 「生活防衛のための緊急対策」などを具体的に織り込んだ過去最大規模の88兆5480億円に上る21年度予算・関連法案は、2月3日、衆議院の審議入りから53日間で執行が可能となりました。

 アメリカのスピーディさがうらやましく感じます。

 100年に一度の経済危機を乗り越えるための「景気対策3段ロケット」がいよいよ本格始動です!

 何よりも優先すべき課題は、昨秋以来の世界経済の混乱の影響をくい止め、景気の底割れを絶対に防ぐことです。私はその一心で日々の政治活動に取り組んでいます。

 国民皆さんのために「雇用・景気回復」に繋がる大胆な取り組みを実行することが我々政府・与党の願いであり、責務であると確信しています。

 今、我々政府・与党に求められているのは、かつてない経済有事のこの事態に全力をあげ、この難局を乗り切らねばならないことです。各界各層の英知を結集し単年度ではなく多年度に亘って未来へ繋ぐことです。

 今の日本として、国民皆さんのために、なすべきこと、やれることは全部やるという信念で取り組み、実行に移しつつあります。

 責任政党として、財源の裏付けある具体的な経済対策をこれからも実行します。そのための21年度補正予算案の検討に入ります。

 「景気対策3段ロケット」で、地方に活力を!

 国民みんなに安心を!

 木村太郎は、「生活者の立場」で、皆さんの幸せのために、全力を尽くします!

2009/03/27

「雇用・景気回復へ」第2次補正関連法案、ようやく成立!

 木村太郎です。

 今日、「第2次補正予算の執行」が整いました。100年に一度の経済危機が直面する中、「雇用・景気回復」のための具体的な緊急対策などを織りこんだ第2次補正予算関連法案が、ようやく衆議院本会議で再議決・成立しました。

 これにより、政府・与党一丸となって取り組んできた生活者への支援、中小企業への支援・資金繰り対策、地方の活性化、雇用対策、農林水産業へのバックアップ、高速道路料金の大幅引き下げ、定額給付金の支給開始などの施策が実施可能となりました。

 先の第1次補正予算による対策に加えて、今回の第2次補正予算の執行は、先日、衆議院で可決し参議院での速やかな審議・成立が待たれている21年度本予算へとつながる強力な経済対策です。

 第2次補正予算案を早急に提出するようにと主張しておきながら、国会での審議をいたずらに引き延ばし、本会議での採決に加わらず退席した野党の姿が、私は今でも目に焼き付いています。

 国民みなさんのために国会に立つ同じ政治家として、私はあの行動を理解できません。

 今、何よりも国民生活のために、麻生政権の地道な取り組みを行動で示し、「雇用・景気回復」に全力投球することこそ、我々政府・与党の責務であると信じます。

 木村太郎は、地元青森のため、日本のために「生活者の立場で」全力を尽くします!

 私はやり抜きます!

 私は「ブレずに」、国民みなさんと共に頑張ります!

2009/03/04

2014年11月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

月別アーカイブ

自由民主党最新ニュース

携帯版サイトのご案内 衆議院インターネット審議中継 国会会議録検索システム 木村太郎公式サイトRSS

当サイトで使用している文章・画像の著作権は、木村太郎および木村太郎事務所にあります。 無断転載、無断コピーなどはおやめください。