参議院選挙後の臨時国会、いよいよスタート!

 木村太郎です。

 本日7月30日臨時国会が召集されました。従来、参議院選挙後に開かれる臨時国会は、議長の選任等ですぐ終わるのが通例ですが、今国会は衆・参それぞれで異例の予算委員会が2日ずつ予定され、8日間の会期となりました。

 菅内閣は先の通常国会では総理選任後、国会の慣例とされた予算委員会も開かず、提出ずみの自らに対する問責決議案も採決せず、独善で強圧的な国会軽視の姿勢を貫き、人気の低下をおそれて、参議院選を急ぎました。

 鳩山内閣で生じた普天間問題、「政治とカネ」の問題や景気対策なども何も進展させず、論議もないまま今日を迎えました。

 また、今回の選挙で落選した「民意なき」千葉法務大臣を次の民主党代表選挙まで続投させるなど新たな問題も出て来ました。

 3年前の参議院選挙で勝利した民主党は、それ以降、ことある毎に、「直近の民意」を振りかざしました。今回の参議院選挙での民意は、「民主党ノー」であり、「菅内閣不信任」でした。

 私たち自民党は、健全野党として民主党政権の「おごりと数の暴走」を厳しくチェックする任務を負っています。

 今の民主党のバラまき政権が続くことは国民生活のために、何としても阻止しなければなりません。

 私は副幹事長としてその先頭に立ち、何が何でもやり抜きます。

 本格的な論戦は9月以降になりますが、政府・民主党がどのような体制になろうとも、国民の手に国民のための誠実な政治を取り戻すために全力を尽くします。

 

 ふるさと青森ではいよいよ8月1日からねぷた祭が始まります。全国から沢山のみなさんのご来青をお待ちします。

 暑い日が続きますが、皆さんどうか体調にはお気をつけて楽しい夏をお過ごしください。

2010/07/30

日本再生への第一歩!審判くだる!

 木村太郎です。

 今回の参院選において、わが自民党は国民皆さまから多大なるお心をいただき、改選議席38を上まわる51議席を獲得することが出来ました。

 また、私が選対本部長を務めた青森県では、山崎 力候補が当選を果たし、3年ぶりに議席をとり戻しました。

 山崎候補のキャッチフレーズ「今こそ青森のために」が県民皆さまに浸透し、ふるさと青森をこよなく愛する人が国政を担い、青森県の景気・雇用対策に全力を尽くして欲しいという熱い思いの表れでもあったと思います。

 全国のみなさんから寄せられたあたたかいご理解とご支援に心から感謝申し上げます。

 ほんとうに有難うございました。

 しかし、今回の結果は必ずしも自民党に対する信頼の回復ではなく、民主党政権の「政治とカネ」の問題や迷走・暴走、そして、財政状況を無視したバラまき政治に歯止めをかけようとの「民意」のあらわれと言えます。

 本来、参議院の主な任務は、衆議院へのチェックであり、健全な野党の使命は、政府与党の暴走をより良い政策論議で阻止することにあります。

 その意味で、わが党の真価が問われるのはこれからです。

 「頑張れ!自民党」との励ましの声を、そして皆さんが与えてくださったこのチャンスを糧に、誠意を持って、まっとうな「政策」でお応えしていく-これが私たちに課せられた任務です。

 わが党は、皆さんの声を政治に届けつつ、国民、県民が元気と明るさを取り戻す処方箋を用意する「強い野党」にならなければなりません。

 「私はブレない!」「私はやります!生活者の立場で」

 「国民みんなのしあわせ」-この政治の原点を肝に銘じ、私 木村太郎は、今後も国政において、全力で走り続けます!

2010/07/12

2014年11月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

月別アーカイブ

自由民主党最新ニュース

携帯版サイトのご案内 衆議院インターネット審議中継 国会会議録検索システム 木村太郎公式サイトRSS

当サイトで使用している文章・画像の著作権は、木村太郎および木村太郎事務所にあります。 無断転載、無断コピーなどはおやめください。