政治決戦の年へ~自民党の決意

 木村太郎です。

 昨日、自民党大会が都内ホテルで開催されました。

 谷垣総裁から、政権奪還へ向けた決意表明があり、全国から集まった党員・党友・同志の皆さんと一致結束しての努力を誓いました。

 東日本大震災後初めての今大会で、私は大会実行委員長として企画・運営にあたりました。

 この1年、未曾有の危機に直面し、日本人の絆の大切さを再確認し合いました。同時に、東日本大震災は、民主党に政権担当能力も、責任感もハートも無いことを明らかにしました。

 政治は国民のためのものでなければならない。私たち自民党が熱き心で日本と国民を守る。その使命を改めて痛感した1年でした。

 我が党が野党に転じて約2年半、私たちは原点に戻り、国民のための政治を取り戻すため、一から見直しをしています。決して党利党略に走らず、もう一度、私たちに日本を任せていただけるよう地道に真剣に、結束して取り組んでいます。

 民主党政権になってから、「バラまき」と「パフォーマンス」は派手に行われていますが、日本の前進のための対策は停滞したままです。それどころか、どんどん後退しています。

 それは、党の綱領を持たず、国としての基本的なあり方も示さず、党内での政策一致すらない選挙目当てだけの民主党に、これ以上国民の将来や責任を任せるのは終わりにすべき時が来たあらわれではないでしょうか?

 もはや、限界です。

 この閉塞した状況、国民の不安を打開するためには、早く政権を奪還することこそ先決と考えます。

 明日から始まる通常国会で、私は国民の安心・安全のための政治を取り戻すため、一生懸命、行動していきます!

2012/01/23

「安心」と「希望」の一年へ

 皆様におかれましては、つつがなく新年をお迎えのことと存じます。

 木村太郎です。

 昨年は東日本大震災をはじめ、これからの日本のあり方を問われた、心痛むことの多い一年でした。

 未曾有の大震災発生により、日本をとりまく内外の状況は激変し、厳しい環境の中にあります。その中から、人を思いやる心、助け合う「絆」の大切さを再認識する思いが高まった一年でもありました。

 大震災、大津波、原発事故などに際して、日本国民の対応の素晴らしさは、全世界からの協力と賞賛を招きました。

 しかしながら、今なお、被災地では深い爪痕が残ったまま、仮設住宅で寒さに耐えて生活する方々、やむなく県外へ避難し家族と離れて暮らしている方々、家族をなくし、仕事を失い、生きる希望さえ失いかけている人々が沢山います。このような状況で新年を迎えられた皆さんのことを思うと心が痛みます。

 大震災から間もなく10ヶ月。この10ヶ月は被災された皆さんにとってどれだけ長い時間だったか計り知れません。一刻も早い復旧・復興が必須であったにも拘わらず、政府民主党の対応は余りにも遅すぎます。

 「今」を生きるのが精一杯の被災された方々に対し、本格的な復興予算を用意するのに8ヶ月以上もかかり、きめ細かい支援対策はまだ行き届いていません。とても血のかよった政治とは思えません。

 私たち自民党は震災直後から心を一つにして、国としての対応のために、政府に全面的に協力してきましたが、野党であることに歯がゆい思いをしています。

 しかし、国民のための政治の役割を果たすため、これからも日本の再生、復旧・復興の加速へ総力を挙げて取り組んでいくことを国民の皆様にお約束します。

 思い起こせば、沈みがちだった日本に希望を与えてくれた、なでしこジャパンや浅田真央ちゃん。「決して諦めない」という熱き思い、「大切な人のために」という強い思いに誰もが励まされ、勇気づけられました。

 政治は、国民に「夢」と「希望」と「安心」そして「勇気」をもたらすものでなければなりません。

 新たな一年を迎え、私は、初心を忘れず、筆頭副幹事長として、青森県連会長として、日本が抱えるどんな困難でも乗り越える道筋を明示し実行し、国民・県民皆様の幸せのために、思いやりの心、あたたかい血のかよった国民のための政治を進めます。

 お正月のこの機会に、ご家族・ご親戚・お仲間皆さんで笑顔で語らい、ますます「絆」を深められることをのぞみます。

 本年が皆様にとりまして素晴らしい良き一年となりますよう心からお祈りします。

2012/01/01

2014年11月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

月別アーカイブ

自由民主党最新ニュース

携帯版サイトのご案内 衆議院インターネット審議中継 国会会議録検索システム 木村太郎公式サイトRSS

当サイトで使用している文章・画像の著作権は、木村太郎および木村太郎事務所にあります。 無断転載、無断コピーなどはおやめください。