新年のごあいさつ

 明けましておめでとうございます。
 木村太郎です。

 「桃栗三年、柿八年」
 第二次安倍政権が発足し、アベノミクスが始動してから、おかげさまで昨年末で桃栗にあたる3年が経過しました。
 日本経済は、ゆっくりながら力強さを取り戻しつつあります。
 と同時に、世界経済は大きな波のように不安定であり、その波を乗り越えるために、アベノミクスは第二ステージへ、つまり「一億総活躍社会の実現」が不可欠です。
 その目指すところは、「赤ちゃんからお年寄りまで」誰もが笑顔輝く、強い経済の実現のため、すべての課題に正面から取り組むものであり、目標は高く、その達成にはいくつかのハードルを越える必要があります。
 困難な目標だからこそ、一致団結して立ち向かい、チャレンジしてこそ、国民皆様の安全と安心そして幸せが実現できると確信します。
 政府与党一丸となり、安倍総理を支え、国民こぞって柿を収穫する時期には、希望と誇りある日本が世界にはばたく事ができると思います。

 今年は、夏に参議院選挙また衆参ダブル選挙もささやかれる中、まだ国民皆様の理解が進んでいない安全保障関連法案や期待と不安の入り交じるTPPなど、しっかりと情報を発信して行くことが求められています。
 また、18歳以上に引き下げられた選挙権を機に、これまで関心の薄かった若者にも政治を真剣に考えてもらえるよう工夫する必要があります。
 私は、自由民主党広報本部長として、「分かりやすく、丁寧な」広報戦略を実行し、国民皆様と政府与党の架け橋となり、信念を持って全力で任務遂行にあたります。

 結びに、この年が皆々様にとってより良き一年になりますよう、心からお祈り申し上げ新年のご挨拶と致します。

2016/01/01

2017年1月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

月別アーカイブ

自由民主党最新ニュース

携帯版サイトのご案内 衆議院インターネット審議中継 国会会議録検索システム 木村太郎公式サイトRSS

当サイトで使用している文章・画像の著作権は、木村太郎および木村太郎事務所にあります。 無断転載、無断コピーなどはおやめください。